勝ちやすいギャンブルであることの証

オンラインカジノは勝ちやすいの?という疑問

新たにギャンブルをスタートする場合、そのギャンブルが勝ちやすいのかどうかと言うのは気になるところだと思います。
その流れで、オンラインカジノは勝ちやすいギャンブルなのかと気になっている方もいるのではないでしょうか。

オンラインカジノの勝ちやすさについてですが、他のギャンブルよりも色んな要素で有利であると考えられています。
そこで、オンラインカジノは勝ちやすいギャンブルなのかどうかという点について具体的に詳しくみていきましょう。

オンラインカジノのペイアウト率やその他のギャンブルと比較してどのような感じなのかをご紹介したいと思います。

オンラインカジノの勝ちやすさの指針について

オンラインカジノの勝ちやすさについてですが、さまざまな要素で勝ちやすさをみることができます。
まず、オンラインカジノの還元率(ペイアウト率)ですが、多くのギャンブルがある中で、一つの勝ちやすさの指針ともいわれています。
「還元率(ペイアウト率)」と聞くと難しいと感じるかもしれませんが、要するにペイアウト率というものは、「ギャンブルで賭けた金額に対して、結果として戻ってきた金額の率」を指す言葉となっています。
すなわちこれは払い戻しの割合のことをいいますので、ペイアウト率が高いほど勝ちやすいギャンブルということになります。

様々なギャンブルのペイアウト率についてはわかりやすくなっています。
オンラインカジノの還元率は97%以上、パチンコやスロットについては85%以上、競馬については70%の還元率で、宝くじについては還元率は40%程度です。
このようにペイアウト率はギャンブルによって異なりますが、オンラインカジノが圧倒的に高くなっています。

数あるギャンブルのなかでも、圧倒的な還元率の高さを誇っているのがオンラインカジノなのです。
オンラインカジノはネット上でプレイをするということもあり、場所や人件費などの経費がそうかかってこないというのが大きな理由になります。
さらに、ゲームの種類によって多少還元率にばらつきがあるのですが、いずれも90%をこえる高還元率となっています。

オンラインカジノはさらに攻略法を使うことでペイアウト率を高めていくことが出来ると言われています。
中にはオンラインカジノによっては、利用者へのサービスということで、好調機種を公表しているところもあります。
さらに、オンラインカジノのスロットには、「ジャックポット(プログレッシブ)」という機能を搭載した機種などがたくさん存在しています。
この機種の場合、まさに宝くじのようにスロットで指定された絵柄を揃えることによって、億単位の賞金が払い出されることになり、プレイヤーにとっては夢のような機能となっています。

オンラインカジノは、その他のギャンブルと比較しても高額の当選金が特徴となっていて、その点でも勝った時のペイアウト率が高いのが魅力となっています。

オンラインカジノと攻略法について

オンラインカジノには、スロットなどの運任せのゲームなどもありますが、戦術を駆使して勝つことが出来る頭脳ゲームも多数存在しています。
たとえば、ブラック・ジャックは、非常にペイアウト率が高く攻略法もたくさん存在していて、ベーシックストラテジーを使用することによって、手堅く勝てると言われています。

オンラインカジノは、その他のギャンブルとは違い、マーチンゲール法やパーレイ法、モンテカルロ法などのさまざまな攻略法を使いやすいのが特徴となっています。
ランドカジノの場合、ディーラーの目が気になるということもありますので、堂々と攻略法を使うことができません。
しかし、オンラインカジノの場合、ディーラーの目が届かないので、堂々と攻略法を使ったり、カウンティングといってカードを数えることも可能です。
このため、他のギャンブルよりもゲームによっては有利になることも多いのです。

ペイアウト率は100%を超えることはない?

オンラインカジノは、このようにペイアウト率が非常に高いギャンブルではあるものの、ペイアウト率はけして100%を超えることはありません。
これはなぜかというと、多くのギャンブルと同じように、オンラインカジノも一つのギャンブルであり、そして慈善事業ではないからです。

このため、必ずしも勝てるというわけではなく、連続して賭け続けていると最終的にプレイヤーが損をしてしまう仕組みになってしまいますので、過信しすぎるのは避けておきましょう。

あくまでもペイアウト率は全体のペイアウト率であること

オンラインカジノのペイアウト率は非常に高いです。
しかし、ペイアウト率はあくまでも全体のペイアウト率であり、個人のペイアウト率ではありません。
したがって、一方で大きく勝っている人がいたとして、一方では負けている人がいるというのが一般的になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です