ギャンブル依存症の原因となりやすい人に見られる主な特徴

ギャンブル依存症とは日常生活に支障が生じている状態なのにも関わらず、ギャンブルを止められなくことで、これはWHOでも認めているれっきとした病気です。
身体に変化が現れるアルコール依存症や薬物依存症とは異なり、ギャンブル依存症は見た目で判断できませんが、自覚している方は多いですし、他人から指摘されて初めて気付く方もいます。

最近では国や地方自治体でもギャンブル依存症対策に力を入れていますが、まずはどういったことが原因でギャンブル依存症になってしまうのか、そしてどんな人がなりやすいのかを知っておく必要があります。

そこで今回の記事では、ギャンブル依存症の原因と考えられることとなりやすい人に見られる主な特徴について詳しくご紹介していきます。

ギャンブル依存症の原因

ギャンブル依存症の原因
ギャンブル依存症の原因として、「勝った時の快感」「現実逃避」の2つが挙げられます。
実際のお金を賭けるギャンブルですから、勝って大金が手に入った時には強い快感を得られます。
この一度覚えた快感を忘れることができず、それを何度でも味わいたいという欲求が生まれ、ギャンブルを続けてしまいます。

逆に負けた時の記憶はすぐに忘れ、勝った時の記憶のみ鮮明に覚えているのも、ギャンブル依存症の原因と言えるでしょう。
そしてもう一つの現実逃避ですが、日常生活や仕事などで嫌なことや不安を抱え、それを忘れようとギャンブルにのめり込みます。

いわゆる「嫌なことや不安の代替」がギャンブルによる現実逃避であり、自分には楽しいこと、幸せなことがある!と言い聞かせているわけです。
このようにギャンブル依存症には、勝った時の快感と現実逃避としての手段が考えられますが、これら原因を作り出しやすい人の特徴があります。

金銭的な問題を抱えている人

金銭的な問題を抱えている人
金銭的な問題を抱えていると、ギャンブルで全てを解決しようと非現実な夢を見る傾向にあり、ギャンブル依存症に陥ってしまう可能性があります。
つまり借金に対して軽く考えており、家族や友人、知人などから平気で借金をしたり、消費者金融や銀行系カードローン、クレジットカードのキャッシング枠などを無計画に利用する人です。

「借金なんてギャンブルで勝てば簡単に返済できる」と考え、そのままズルズルとギャンブル依存症へ陥り、さらに借金も増えていくという負の連鎖が続きます。
本来ギャンブルというのは借金してまで手を出す娯楽では無く、自分の生活に支障の無い範囲内の自己資金で遊ぶものです。

借金が積み重なることで、より一層思考が停止してしまい、ギャンブル依存症が重症化する可能性もありますので十分にご注意ください。
また、自分自身ではなく、金銭的な問題を抱えている家族や友人がギャンブルにのめり込んでいる場合も要注意です。

「自分は大丈夫」と強い意思を持っていたとしても、少しでも周囲に影響しやすい部分が出ることで、ギャンブル依存症の道へと足を踏み入れてしまいます。
つまり、自分とその周囲に金銭的な問題がある場合には、誰でもギャンブル依存症に陥ってしまう可能性があるわけです。

負けず嫌いな男性

負けず嫌いな男性
ギャンブル依存症の患者データから、女性よりも男性の方が圧倒的に多く、また負けず嫌いな性格をしています。
あくまでも統計上ですが、女性の多くは物事に対して現実的に考え、男性は現実よりも理想に重点を置き、何歳になっても夢を追い続けようとします。

実際に女性と男性が同じギャンブルをした場合、女性は勝っても負けても平常心を失うことなくサクッと忘れますが、男性の場合は、勝てば「もっともっと勝ちたい」、負ければ「悔しい!絶対に取り返す!」という悪い意味で前向きに考えてしまいます。

そして男性の中でも、何事に対しても負けず嫌いな性格の場合には、より一層ギャンブル依存症に陥ってしまう可能性が高くなります。
確かに男性にとって負けず嫌いな性格は良いことかもしれませんが、それは普段の生活や仕事、スポーツ、勉強などの話です。

そんな負けず嫌いの男性が一度でもギャンブルで負けてしまうことで、お金を取り返すだけでは治まらず、もっと勝ちたいという欲求が生まれます。
負けず嫌いの男性は、「ギャンブルは負けて当たり前で、過度に追い続けない」という強い意思を持つことが大切です。

まとめ

今回は、ギャンブル依存症の原因と考えられることとなりやすい人に見られる主な特徴について詳しくご紹介させていただきましたが、ご理解されましたでしょうか?
ギャンブル依存症はれっきとした病気の一種であり、WHOも認める世界全体の大きな問題です。

確かにギャンブルというのは、不労所得も狙えて楽しいものですが、最終的には確実に胴元が有利になるという事実があります。
オンラインカジノにしてもパチンコ・パチスロにしても、全てのギャンブルはビジネスとして運営しており、胴元には必ず収益がもたらされます。

そして借金をしてまでギャンブルをするのは大きな間違いであり、それは人生を台無しにしてしまうリスクがあることを決して忘れてはいけません。
「最終的には胴元が勝つ」「ギャンブルは生活に支障の出ない自己資金で適度に遊ぶ」、この2つを肝に銘じて、ギャンブルを楽しむようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です