オンラインカジノとカジノカフェの違い

カジノカフェ

カジノカフェが摘発を受けて、オーナーどころか客まで逮捕されてしまった、などの報道がされています。オンラインカジノを楽しんでいる人にとりましては、大きな衝撃となったことでしょう。また、これからオンラインカジノを楽しもうと考えていた人にとりましては「オンラインカジノをやっていると、捕まっちゃうかも?」と感じているかも知れません。

しかし、オンラインカジノとカジノカフェは仕組みが違うのです。
この点をしっかりと理解してほしいですし、両者を混同しないようにしなければなりません。カジノカフェはインターネットカジノカフェの略であり、インカジと表現されることもあります。そして、カジノカフェはオンラインカジノの世界的流行に連動して増加傾向となり、全国の歓楽街にて見かけるようになっていきました。そうした中、2006年の2月に京都市にてカジノカフェの摘発がおこなわれ、店員2名と客2人が同時に現行犯逮捕されてしまったのです。その後は全国各地にて一斉にこうした店舗の摘発がおこなわれ、逮捕者が続出しましたのは記憶に新しいところなのでは。

摘発ニュース

なぜ、このような事態になってしまったのでしょうか?先の事件に関して、さらに詳しく検証してみましょう。
実質的に店舗のオーナーだった店員2名は、オンラインカジノが違法ではないのだから、カジノカフェの運営も違法ではない、などと賭博容疑を当初否認していました。しかし店舗の運営実態は、客が個人的にオンラインカジノを楽しんでいたのではなく、店側がアカウント登録を済ませた端末でカジノプレイをしており、また店側はこれら客に対して1ポイントを100円換算して現金販売をおこなっていたのです。そしてポイント残高に応じて、その場で現金の授受をおこなっており、これは明らかに賭博の胴元行為であると判断された模様。海外で合法とされているオンラインカジノにそれぞれ個人が参加することは、決して違法ではなく、決済に関しても海外で行われますので、問題がないと考えてよいでしょう。しかし、このように店舗で現金決済が行われるようなスタイルは、賭博罪を問われても仕方がないのではないでしょうか。

また、警察関係者や法律の専門家である弁護士の間では、オンラインカジノ全般に対する規制強化を唱えている者がいるとされています。一方ではカジノ法案が国会で審議されており、こうしたカジノを取り巻く環境は毎日変化をしているのかも知れません。

なるべく最新の情報に触れるようにしながら、本格的なカジノプレイをオンラインで楽しむようにしましょう!