カジノで儲ける為に攻略法を活用しよう

パーレイ法の活用について

あなたは「パーレイ法」をご存じでしょうか?これからオンラインカジノを始めようと考えているならば、身に付けて損はないです。さっそく紹介しましょう。

ベッティングシステムについて

「パーレイ法」を学ぶためには、「ベッティングシステム」を理解する必要があります。戦略的な賭けかたを指す言葉が「ベッティングシステム」であり、ギャンブル攻略法の「第一歩」となるものです。「ベッティングシステム」にはさまざまなものがあり、「守備的」なものから「攻撃的」なものまでそろっています。「パーレイ法」は「攻撃的」手法であることを認識してください。

パーレイ法について

「パーレイ法」は「勝率50パーセント・2倍配当ゲーム」で活用することがセオリーです。具体的に手法を説明しましょう。まず最小単位から始めて下さい。たとえば「1ドル」から始めたとしましょう。1回目の勝負で勝てば配当「1ドル」を得ますから、トータル「2ドル」になります。これを2回目の勝負に全額つぎ込んでください。この2回目の勝負で勝てば、配当「2ドル」を得ますから、合わせると「4ドル」になります。3回目の勝負には、さらに全額をつぎ込みましょう。要は「倍プッシュ」する手法です。勝てばドンドン押してください。
万一、負けてしまった場合には、「最初からやり直し」です。落胆(らくたん)せずに、継続しましょう。

パーレイ法の特徴

「パーレイ法」は「ハイリスク・ハイリターン」な攻略法として知られています。「勝ち続ける」ことを前提に考えられていますから、「少ない資金」で「大きな勝ち」を狙えるのです。「勝負の波」を見極める必要がありますから、ややベテラン向けの手法かも知れません。

パーレイ法のリスクについて

「パーレイ法といえば、リスキーな手法だ」。このように言うギャンブラーがいます。はたして「真実」なのでしょうか?たしかに「連勝」を前提に考えられた「ベッティングシステム」ですから、「賭け金」を失ってしまう可能性は低くありません。そこが「リスキー」とされる所以(ゆえん)なのでしょう。ここで、資金とのバランスを考えて下さい。失ってしまう金額は「最初のベット額」のみです。「1ドル」から始めたならば、連勝が止まった時点での損失は「わずか1ドル」となります。軍資金全体から考えた場合には、「最小の損失」と考えて良いのではないでしょうか。「大金」を狙うならば、「小さな損失」を気にしてはいけません。もう一度申し上げます。「少ない資金」で「大金」を狙うならば、「パーレイ法」をしっかりと活用してください!

モンテカルロ法の活用方法

「モンテカルロ法」は「3倍配当ゲーム」に向く攻略法です。さっそく概要を説明しましょう。

モンテカルロ法について

数列を利用する「ベッティングシステム」であり、「3倍配当ゲーム」への活用がセオリーです。「3倍配当ゲーム」といえば、ルーレットの「ダズンベット」「カラムベット」が代表的です。多くのギャンブラーが、「モンテカルロ法」の活用にルーレットを選択しています。
「モンテカルロ法」は勝てば「数列の数字」を消し込んでいき、負ければ増やします。ここでは詳しい計算方法を割愛しますが、数列の数字を最後まで消し込めば、セッションの終了を迎えます。

モンテカルロ法の活用

「モンテカルロ法」を使う場合には、短期的な結果を求めてはいけません。勝ち負けを繰り返しながら、長期戦で「勝ち」をめざす方法と考えてください。それから、「3倍以上の配当ゲーム」への活用が推奨されています。「2倍配当ゲーム」にも使えますが、セッションの終了時点では「勝ち」が確定しないケースがあるのです。やはり「3倍以上の配当ゲーム」が基本です。

マーチンゲール法との比較

「ベッティングシステム」の代表格は「マーチンゲール法」です。
「どちらが優れた手法となるのでしょうか?」ギャンブル初心者から質問が寄せられています。単純に比較するのは難しいのですが、「マーチンゲール法」のほうが「ベットルール」がシンプルなので、初心者にとって取り組みやすい手法でしょう。ただし、「マーチンゲール法」は「ハイリスク・ローリターン」ですから、注意しなければ「大きな損失」につながってしまいます。「モンテカルロ法」による手法は、「ローリスク・ローリターン」もしくは「ローリスク・ミドルリターン」です。上手に活用すれば長くゲームを楽しめますから、ぜひ積極的に活用してください。

モンテカルロ法でハイリターンを求める方法

何度か「モンテカルロ法」を試行すると、いろいろなことが見えてきます。それはセッション終了時点における「勝ち」の形です。最初から勝負に勝つと、「あっという間」に数列の数字が消し込まれます。すぐにセッションの終了を迎えます。こうなると、「勝ち金」は大きくなりません。「モンテカルロ法」で「ハイリターン」となるケースは、何度か勝ち負けでもみ合って、その後にセッションの終了を迎えた場合です。連敗が続いたとしても、最終的に「勝ち」をもぎ取る意識を強くもちましょう。粘り強く「ベッティングシステム」を続けることで、「モンテカルロ法」が活きてくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です